違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

アラミド繊維王=ポリアミドの発明者デュポンと帝人に新興勢力が襲い掛かる

http://www.fibex.co.jp/about-Aramid.html

http://www.fibex.co.jp/about-Aramid.html

アラミド繊維の市場は拡大しています。航空機、自動車、通信など幅広い分野で先進国を中心に用途が開拓されており、新興国でも衣料品の需要が高まっています。市場を2つに分割するデュポンと帝人は積極的に設備投資と製品開発を行っているが、新興国メーカーも成長市場を目指している。熾烈な競争に打ち勝つためには、有望な消費者との共同開発を推進し、幅広い分野での雇用を獲得する必要があります。

スポンサードリンク

アラミド繊維は、芳香族ポリアミドを使用した高性能繊維で、1960年代に米国のデュポン社によって開発されました。ポリエステル、アクリルと並ぶ3大合成繊維のひとつであるナイロンの一種ですが、脂肪族ポリアミドを使用したナイロンと区別するため、1974年に「ポリアミド」の通称が付けられました。

構成により「パラタイプ」と「メタタイプ」に分けられます。パラタイプは鋼の約5倍の引張強度と優れた弾性を持っています。耐熱性、耐摩耗性、耐切断性に優れ、タイヤや光ファイバーケーブルの補強材、ブレーキ摩擦材として広く使用されています。メタベースの製品は、優れた長期耐熱性、難燃性、耐薬品性を備えており、耐火服やバッグフィルターが主な需要です。

富士経済(東京都中央区)によると、2016年のパラタイプ製品の生産量は前年比7.2%増の68,800トン、メタタイプ製品の生産量は4.2%増の27,100トンでした。 2010年も安定した成長が続き、2018年から26.3%増の99,300トン、13.7%増の33,100トンとなります。 2016年の両製品の市場規模は2,729億円でした。 2010年は3,782億円を見込んでいます。

デュポンが1967年にアラミド繊維を発売してから17年、ちょうど50年になります。この間、品質や製造工程の改善とともに、アプリケーションの開発が進んでいます。 1980年以来、化学繊維メーカーは業界で多くの高性能繊維を開発しており、繊維間の競争は激化しています。

しかし、高強度、高弾性、耐摩耗性などの機械的特性に加えて、耐熱性と生産性のバランスが取れた合成繊維は少なく、生後半世紀の今でもアラミド繊維が存在しています。失われます。そうではありません。

スポンサードリンク

繊維は「パラタイプ」と「メタタイプ」の2種類に分けられます。繊維メーカーから下流への供給形態は、長繊維、短繊維、毛糸、紡績糸など両製品で同じですが、用途が異なります。両製品の市場は年率約5〜8%で拡大を続けており、新興国でも採用が拡大しています。

パラシステムは、強度、弾性、耐摩耗性、耐熱性などに優れており、航空機材料、タイヤ、光ファイバーケーブルの補強材などの産業用途への需要が高い。その中で、成長の原動力はタイヤを補強する「タイヤコード」です。

パラタイプのタイヤコードは、高速走行時の熱を帯びたタイヤの変形抑制効果が高く、オートバーンでの高速走行を前提とした欧州でも需要が拡大しています。従来の再生繊維レーヨンから高価格タイヤ製品への転換が進んでいます。また、タイヤの軽量化やロードノイズの低減にも優れており、日本のタイヤメーカーの関心を集めています。遅れている日本市場での採用拡大への期待は大きい。

パラを拠点とする企業の世界市場シェアの約90%を占めるデュポンと帝人は、それぞれ南北アメリカやヨーロッパなどの強力な商業地域を持ち、堅実な事業を展開し続けています。しかし、最近、市場の変化を指摘する人が増えています。この事件は、韓国や中国などのアジアの化学繊維メーカーが市場に参入したことです。

メタシステム、激化する競争。高性能製品の需要が高まる

特定の生産技術を備えた韓国メーカーの活発な事業展開が目立ち、中国メーカーも設備投資に積極的です。中国や韓国の製造業者の動きは、「供給過剰や価格崩壊につながるべきではない」という懸念を引き起こし始めており、消費者が奪われることを懸念する人々がますます増えています。

ただし、これらのアジアの販売先は主に自国であり、欧米および日本市場への輸出は限られています。パラタイプの製品は、自動車のタイヤやブレーキなど、消費者の安全に直結する製品によく使われ、欧米の企業が開発中のアジア製品の採用に慎重であるという事実も影響を及ぼします。

当面、欧米市場での供給過剰は考えられず、現在の1キログラムあたり2000〜4000円の販売価格が続く可能性が高い。

スポンサードリンク

王者デュポンと帝人に忍び寄る新勢力

帝人は、今後数年以内にオランダの工場でパラタイプ「トワロン」の生産能力を10〜20%増強することを決定し、ボトルネックとなった紡績設備のプロセスを改善し始めたようです。専門分野である欧州市場を中心にさらに売上を拡大する戦略であり、シリーズの設備投資額は約20億円と見込まれます。ーカーとの戦いは激化しています。

デュポンのパラタイプ「ケブラー」を日本市場で製造・販売している東海デュポン(東京都中央区)は、東海工場(愛知県東海市)に最新のねじり機と引張試験装置を備えたテクニカルセンターです。 ) 5月。オープンしました。消費者との共同研究を加速し、売上拡大につなげることを目的としています。ケブラーを用いた摩擦材やコンポジットレジンの試作や評価装置の導入を検討しているようで、新たな用途の開発に注力する予定です。

トップランナーのデュポンや帝人のパラシリーズは、物性にばらつきのない量産品など、高品質な商品を販売しています。タイヤメーカーや二次繊維加工メーカーとの高品質なパラシステムを使用して製品開発を拡大し、それらの優位性を認識させることが、新たな力から市場を保護するための鍵です。

メタアラミド繊維市場では、アジア人がパラタイプよりも激しく参入しており、激しい競争が続いています。パラタイプは強度と弾力性が高く、メタタイプは難燃性、長期耐熱性、耐薬品性に優れています。

欧米を中心に耐火服の素材として販売されているほか、バッグフィルター(集塵機に取り付けられたバッグ型フィルター)の素材としても広く使用されています。

デュポンはメタシステムのリーダーであり、そのシェアは60%を超えると予想されています。中国のメーカー、帝人、韓国のメーカーがこれを追いかけており、特にアジア人の攻撃が目立ちます。メタタイプはパラタイプに比べて低価格の汎用品の販売が増えており、製造コストを低く抑えることができます。

アジア人の活発な動きの背後には、新興国がこれを有望な投資対象と見なしていることがあります。その中でも、使い捨てバッグフィルターは高品質の繊維を必要とせず、デュポンと中国メーカーとの戦いは激化しています。

-雑学