違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

「意味」の違い

戦略と戦術の違いとは?どっちの方が大事なの?

2017/12/27

http://志起業.net/strategy/

http://志起業.net/strategy/

戦略と戦術は、日常的にも使われる事のある言葉です。

もとは軍事用語でしたが、今では政治やビジネスなど、

様々な場面で使われますね。

 

今回はこの、戦略と戦術の違いを解説していきます。

スポンサードリンク

戦略と戦術の違いとは?

分かりやすく言うと、

戦略が『計画』、戦術が『手段』という意味です。

 

まず戦略とは、

「勝利するために、兵力を効果的に運用する方針」

の事です。

全体を広い視点で見通し、長期的な計画を指します。

兵力や資源など、あらゆる要素を総合的に判断し、

立てられた大局的な計画・手段が戦略です。

 

一方、戦術とは、

「実際の敵地、現場で兵士の動かし方」

の事です。

戦略が計画であるのに対し、

戦術は実行方法や、その方策を指します。

 

もともとは戦略も戦術も軍事用語でしたが、

現代ではビジネスシーンなどで使われています。

 

「経営戦略」という言葉を聴いたことがあるかと思います。

 

戦略は大局的な視点から立てる計画なので、

企業などが運営していくための方針や、

将来を見通した経営計画といった、

『目標実現に向けたシナリオ』という意味で用いられます。

 

そして戦術は『目標を実現するための具体的な方法』です。

戦略で立てた計画を実行していくための実践的な手段が戦術です。

スポンサードリンク

戦略と戦術の具体例

戦略や戦術は、現代でも使われます。

前述したように経営戦略という言い方がありますし、

単に計画を立てることを「戦略を立てる」とも言います。

 

例えば10万円を使って事業を立てる場合、

この10万円を何に使うかが戦略です。

もしレストランを始めるのなら、

10万円を料理道具とエプロンの購入に当てました。

 

これも一種の戦略です。

目的(戦略)をレストラン経営と設定し、

10万円というリソース(資源)を道具の購入に当てる。

 

何を目的にするか決め、

その上で限られたリソースをどのように分配するか決定する。

 

簡単な例ですが、戦略はつまりこういったことです。

 

一方、戦術は分配したリソースをどのように使うかです。

今回は分配した10万円で、道具を購入します。

この時、より安く道具を手に入れられる方法を発見し、

10万円必要なところを8万円で済ませられました。

 

このように、実際に現場でどのような行動を取るか。

これが戦術です。

 

場合によっては新人教育や、新メニューの開発など、

いろいろと変わってきます。

その場合も、より早く教育する方法を取ったり、

材料を工夫してメニュー開発のコストを抑えたりなど。

 

ようするに戦略で決めた方針をどのように実行するか。

この工夫をするのが戦術です。

desert_aid_thirty-img170x170-1425295804qg0fxw21879

戦略と戦術、どっちが重要?

戦略と戦術の違いについて解説しました。

一見どちらも重要に見えますね。

しかし、あえてどちらが大切かを決めるなら、

なんといっても戦略です。

 

なぜかというと、

『戦略の誤りは戦術では補う事はできない』

といわれるからです。

 

例えば、先ほど挙げたレストランの例を考えて見ましょう。

10万円でレストラン経営の戦略を立てて、

その10万円を道具の購入に当てました。

 

しかし、レストラン経営をする予定だった人たちは、

実は農家で、レストラン経験がありませんでした。

この場合、リソースの分配を誤ったことになります。

本当は農機具や肥料、種などを買わないといけませんでした。

つまり、そもそもの戦略が間違っていたのです。

 

料理道具やエプロンを、農業に再利用することは出来ません。

どれだけ戦術を工夫しても、

戦略の誤りを補うことは不可能です。

 

これが「戦略の誤りは戦術では補う事はできない」

と言われる理由です。

 

 

もう1つ、会社の経営を例にして見ましょう。

靴の販売会社が、海外に支店を作ると決めたとします。

支店を作るのは、ある国のAという地域。

Aを中心に営業するという戦略を設定しました。

 

しかし実際に支店を出してみたら、

Aという地域では靴を履く習慣が無いことが判明しました。

 

そもそも靴を履く習慣の無い国で、靴が売れません

「Aで靴を売る」という戦略が間違いだったのです。

 

実際に靴を売る手段が「戦術」ですが、

そもそも靴の売れない地域では、

どれだけがんばっても売り上げは伸びません。

 

ここで

「靴を履く習慣がないなら、ライバル企業もいない。

ならばむしろ狙い目だ!」

 

という戦術を考え、実行できる兵士がいればよいのですが……。

実際にそんな凄腕の人はなかなかいません。

 

戦略を誤ると、戦術では取り返しがつかないという一例です。

 

基本的に戦略は、戦術よりも先に立てるべきです。

明確なゴールがあるからこそ、

そこに至るまでの道筋が考えられます。

http://katsu-school.com/shoes-making.html

http://katsu-school.com/shoes-making.html

戦略と戦術の違いとは?最も大切なのはどっち?のまとめ

いかがでしたか?

戦略や戦術というのは、つまり『目的と手段』です。

手段を決めるには、まず目的が無くてはいけません。

 

こうして意味を見てみると、ビジネスや勉強など、

あらゆることに応用出来ることがわかりますね。

 

-「意味」の違い