違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

戸籍謄本と抄本の違いとは?使う場面も異なるって本当?

2017/03/09

 

http://www.koseki-souzoku.com/13938403849919

http://www.koseki-souzoku.com/13938403849919

戸籍謄本と抄本の違いをご存知ですか?結婚やパスポートの申請などには、謄本や抄本が必要になります。どちらも個人情報なので、扱いには気をつけたい所。抄本で良いのに謄本を渡してしまい、親族の個人情報が流出する可能性もゼロではありません。

 

この記事では戸籍謄本と抄本の違いを解説していきます。謄本や抄本が必要になった時のために、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

 戸籍謄本と抄本の違いは?

「戸籍謄本(とうほん)」とは、戸籍の内容すべてが記された書面のことです。戸籍の原本には自分のほかに家族などの情報も入っていますが、戸籍謄本にはそれらも書かれています。戸籍に記載されている全部の情報が記されているので、『全部事項証明書』と呼ばれます。

 

これに対し「戸籍抄本(しょうほん)」とは、戸籍の内容の中から、一部のみを抜き出した書面のことです。戸籍に記載されている内、一人の人物の情報のみが抜粋されて書かれています。『個人事項証明』とも呼ばれます。

スポンサードリンク

戸籍謄本と抄本は使い道が違う?

戸籍謄本と抄本は記載内容が違うわけですね。では用途の違いはあるのでしょうか。

 

戸籍謄本は、結婚・離婚する時、本籍を変える時、養子縁組をする時などに使います。例えば結婚や離婚、養子縁組や離縁などで家族関係が変わる時に使用されます。遺産や財産を相続する場面でも、家族関係を証明する為に使われます。

個人の身分証明より、親族の相関関係を証明する為の書面と言えますね。また、名前を変更する手続きでも戸籍謄本の方が必要です。

 

 戸籍抄本は上記以外の場面で使用します。例えば何らかの契約を結ぶときなど。申請者本人のみの情報だけで済む時には抄本の方で問題ありません。こういう時に家族全員の情報は必要ないですよね。結婚などをのぞけば、個人の情報しか必要ない場合がほとんどです

「戸籍謄本か抄本のどちらか必要」と言われたら、戸籍抄本の方を提出しましょう。これは個人情報の観点からも重要です。謄本と抄本を明確に使い分けている人ばかりではありません。なので契約や申請をする際、「戸籍の”謄本”が必要です」ど言われる場合があります。そんな時は念のため、戸籍謄本と抄本のどちらを提出すればよいかを確認しましょう。どちらでも良いと答えられたら抄本を提出すれば良いでしょう。

 

http://www.koseki-souzoku.com/13938403849919

http://www.koseki-souzoku.com/13938403849919

 

戸籍謄本や抄本は他人でも取得できる?

戸籍謄本や抄本は、本人以外の人が取得することは出来ません。どちらも個人情報を記した書面なので、取得出来るのは戸籍に記載されている本人に限ります。

 

これはたとえ直系の親族や兄弟でも同じです。本人が戸籍取得にいけず、親族の誰かに代理で行ってもらう場合があるかもしれません。その時は戸籍に記載されている本人の委任状が必要となります。委任状があれば取得出来ますが、戸籍に記載されている本人に無断で取得することは出来ません

 

謄本や抄本を取得する場合、自分の本籍地の住所がある役所・役場で申請します。発行には免許証やマイナンバーカードなど、顔写真の付いた証明書が必要になります。名前、生年月日、住所が載っているものなら、学生証・社員証などでもOKです。

 

http://www.irasutoya.com/2015/12/blog-post_781.html

http://www.irasutoya.com/2015/12/blog-post_781.html

 戸籍謄本と抄本の違いとは?使う場面も異なるって本当?のまとめ

いかがでしたか?

戸籍謄本と抄本の違いでした。結婚や養子縁組など、家族構成が変わる場合は謄本が必要です。

それ以外の契約や申請には抄本で事足ります。個人情報が漏れる可能性もありますので、何かの契約や申請の際には戸籍抄本を出すようにすれば安心です。

-~の違い