違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

蝶と蛾の違いとは?羽を見れば一目瞭然!

http://textream.yahoo.co.jp/message/2000289/4ad2ea2c36a4bd8a800457d06dffc486/1/6

http://textream.yahoo.co.jp/message/2000289/4ad2ea2c36a4bd8a800457d06dffc486/1/6

「蝶は綺麗だけど、蛾は汚い!」

蝶と蛾にはこういうイメージがありますよね。

 

「蝶」と「蛾」は鱗翅目の昆虫であり、

生物分類学上は同じ生き物です。

見た目とイメージが違うだけで、

実は明確な分類はされていません

 

よって、蛾と蝶をハッキリ見分けるのも少し難しいです。

今回は蝶と蛾の違いを紹介していきます。

スポンサードリンク

蝶と蛾の違いとは?

まずはパッとみてわかる特徴を見ていきましょう。

 

飛ぶ時間帯は、蝶が昼で蛾は夜というイメージがありますよね。

実際に、蝶には昼行性が多く、蛾は夜行性が多いです。

 

しかし夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいます

蝶の一部は早朝や夕暮れ時などの薄暗い時間帯に飛びます。

フクロウチョウ、ジャノメチョウ、ワモンチョウの一部などです。

セセリチョウも夜に飛び、外灯や家の灯りに向かって飛びます。

逆に明るい時間帯に飛ぶ蛾は、キンモンガなどです。

 

次に見た目の違いです。

基本的に蝶は綺麗な見た目で、蛾は茶色系の体色を持っています。

夜に飛ぶ蛾は色が必要なく、むしろ暗い色の羽の方が、

保護色となるからです。

 

しかし、これはあくまで飛ぶ時間帯によって違うだけです

蛾が必ずしも暗い色というわけではなく、

昼行性の蛾には蝶よりも綺麗な羽を持つ種類も存在します。

 

例えばニシキオオツバメガがその代表です。

マダガスカル島に生息するこの種は、

青、白、黄色、オレンジ、ピンクなどが組み合わさった、

カラフルな羽を持ってます。

一見するととても蛾には見えません。

逆に夜行性の蝶は、蛾のように暗い色の羽を持ちます。

 

では、胴体の太さはどうでしょう。

「蝶は胴体が細く、蛾は太い」というイメージがありますよね。

その通りで、蝶は多くの種類が細い胴体を、

蛾は太い胴体を持っています。

胴体から尻尾にかけて太いチョウチョウは、

まず蛾だと思って間違いありません。

 

ただしこれにも例外があり、胴体が太い蝶や細い蛾もいます

例えばセセリチョウは蝶の中でも、太い胴を持っています。

特にアメリカに生息するカリフォルニアオオセセリの胴は、

とても太いです。

蛾と聞いてイメージする太さの倍以上あります。

もちろん胴体の細い蛾も多く存在します。

スポンサードリンク

よく見れば分かる?体の構造

パッと見て分かる違いは以上です。

では次に、よく観察すれば分かる違いを見ていきましょう。

 

まず羽の違いです。

蝶も蛾も、羽が前翅(ぜんし)と後翅(こうし)に分かれています。

この為、数字の「3」を鏡映しにしたような形の羽になります。

 

蝶の場合、この後翅が前翅よりも前に出ています。

蛾は、後翅に「翅棘(しきょく)」と呼ばれる棘があり、

前翅の抱鉤(だきかぎ)に引っかかるようにして、

前翅と繋がっています。

 

この羽の構造が、蝶と蛾の最も大きな違いです。

例外はありますが、蝶と蛾を区別するなら、

羽を見るのが分かりやすいといえます。

 

触って観察する勇気があるなら、

一度じっくり確かめてみるとよいでしょう。

 

また、蝶は羽を閉じるようにしてとまり、

蛾は羽を広げた状態でとまると言われています

 

しかし蝶の中にも羽を広げてとまる種類がいます。

タテハチョウはほとんどの種類が羽を広げてとまります。

蛾にも羽を閉じてとまるものも多く存在しています。

 

触覚の形にも違いが見られます。

蝶の触角は先がふくらんでおり、

花のおしべのような形です。

 

蛾の触角はさまざまな形をしており、

糸状だったりクシのような形だったりします。

 

これに関しても例外があり、蝶と同じ触角を持つ蛾もいます。

熱帯地域に生息するカストニアという蛾の中には、

蝶にソックリな触角を持つものがいます。

http://plaza.rakuten.co.jp/miyanooka/13005/

http://plaza.rakuten.co.jp/miyanooka/13005/

蝶と蛾の違いとは?羽を見れば一目瞭然!のまとめ

蝶と蛾の違いを見分けるには、

羽の構造を見るのが最も確実です。

 

蝶の羽は後翅が前翅よりも前に出ており、

蛾は前翅と後翅が棘状の器官で繋がっています。

 

このほかにも様々な違いがありますが、

その多くに例外が存在します。

羽の構造はほとんど例外がないので、

蝶と蛾を区別するには羽を見ると良いでしょう。

-~の違い