違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

卵と玉子の違いとは?S、M、Lサイズの違いに潜む意外な事実!

2017/11/20

main_am7

一口にたまごといっても、もあれば、玉子もありますよね。

区別して使っていない人も多いかもしれませんが、

今回は、卵と玉子の違いと、

S、M、Lサイズの違いに潜む意外な事実をお伝えします。

スポンサードリンク

卵と玉子の違い

まぎらわしい卵と玉子ですが、

実はきっちりと定義があって、区別されています。

 

まず、“卵“は生物学的な意味でのたまごの事を言います。

生物学的とは、孵化をしてその後育つために生まれたという意味で

虫や魚のたまごは、“卵”と書きます。

 

一方、玉子の場合は、食用のたまごの事を言います。

特に鶏などの鳥類のたまごは、玉子と呼ばれることが多いです。

 

まとめると、産卵されたたまごは卵と言い、

その中でも、食用になる物は玉子と言うという事です。

 

しかし現在では、生のたまごを“卵”と言い、

火の入ったたまごを“玉子”と呼ぶようになっています。

例えば、なまたまごは生卵たまごやきは玉子焼きと言う感じです。

 

中には例外もあって、ゆでたまごは茹で卵という感じで、

生の時に使うはずの“卵”の字を使います。

温泉たまごは、半熟なのでどちらでも良い気がします。

 

生のたまごか火の入ったたまごかでは、

例外もあるので、あまり明確には区別されていないようです。

スポンサードリンク

S、M、Lとサイズが違うと何が違うの?

卵のサイズにはS、M、L、はたまたLLなんてのもありますが、

ただ単に大きさが違うだけだと思っていませんか?

 

実は、サイズが違っても、ある部分の大きさだけは変わらないのです。

それでは、順を追って説明しましょう。

 

まず、卵を産む鶏が成長すればするほど、

産まれる卵の大きさも大きくなります

 

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、

実はSサイズの卵を産む鶏とLLサイズの卵を産む鶏は、

ほとんど体の大きさが変わりません。

体が大きくなるから、卵も大きくなるわけでは無いんです。

 

では、どういう事かというと、

卵の大きさは卵管の太さで決まるんです。

 

卵がどうやって作られるかというと、

まず黄身である卵黄が卵管を伝って下りて来ます

その際に、卵白が黄身の周りにくっつきます

最後に、殻で覆われ、卵の形になるのです。

 

成長した鶏は卵管が太くなり、分泌される卵白が増えます

しかし、黄身が増えるわけではありません

なので、Sサイズの卵とLLサイズの卵では、

白身の大きさが違うだけで、黄身の大きさは一緒なのです。

 

卵の大きさが大きくなれば、黄身も大きくなると

勘違いしていた人も多いんじゃないでしょうか?

 

では、気になるSサイズの卵とLLサイズの卵の使い分けですが、

Sサイズの卵は黄身の割合が多いので、

目玉焼きなどの黄身が主役の料理に適していて、

LLサイズの卵は白身の割合が多いので、

メレンゲや茶碗蒸しなど白身を多く使う料理に適しています。

main_am7

赤い卵と白い卵の違いとは?

スーパーに行くと、赤い卵と白い卵が両方売られていますよね。

赤い卵の方が値段がちょっと高くて、なんとなく美味しそうな感じがします。

 

でも、与えている餌が同じなら、基本的に両者に違いはないそうです。

 

どういう事かというと、鶏には外敵に卵を食べられないために、

周りの環境に合わせて、卵の色を変える性質があるのです。

 

暗い環境では赤い卵を産み、明るい環境では白い卵を産むという様に、

なるべく周囲の環境と卵の色を合わせているのです。

 

だから、餌が同じ限り、卵の色が違うからと言って、

栄養価が違うとかはないんです。

これも、勘違いしていた人が多いんじゃないでしょうか?

https://www.olive-hitomawashi.com/foodstuff/2017/05/post_110.html

https://www.olive-hitomawashi.com/foodstuff/2017/05/post_110.html

温泉卵の超簡単な作り方

温泉卵ってとろとろの半熟が美味しいですが、

半熟にするのがなかなか難しかったりしますよね。

どうすれば簡単に半熟卵が作れるんでしょうか?

 

まず、卵を常温にしておきます。

冷蔵庫にある卵は、取り出してしばらく放置して常温にしておきましょう。

 

卵が浸かるほどの水を火にかけ、沸騰させます。

お湯が沸いたら、塩を大さじ1杯入れ、火を止めます。

 

そこに卵を入れ、素早く蓋をします。

蓋をしたまま放置し、12分待ちます

この間、余熱で卵にじっくり火が入ります。

 

12分待ったら、卵をお湯から取り出し、

自然に冷めるまで置いておけば、温泉卵の出来上がりです。

超簡単ですね。

卵と玉子の違いとは?S、M、Lサイズの違いに潜む意外な事実!のまとめ

卵は生物学的な呼ばれ方で、玉子は食べられるかどうかの違いでした。

S、M、Lサイズの違いがあっても、黄身の大きさに違いが無いなんてびっくりですね。

卵が赤くても白くても、基本的に栄養価は同じってこともびっくりです。

-~の違い