違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

ぜんざいとおしるこの違い?低カロリーおしるこの簡単な作り方!

https://katsushita.com/archives/1658

https://katsushita.com/archives/1658

冬になると、ぜんざいおしるこが食べたくなりますよね。

同じもののように思えますが、違いってあるのでしょうか?

今回は、ぜんざいとおしるこの違いや、

低カロリーおしるこの簡単な作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

関東と関西で呼び方が違う

ぜんざいとおしるこは、関東と関西で呼び方が違います

ぜんざいは、関東では、汁気が無いあんこを餅などに掛けたもので、

関西ではつぶあんで作られた汁物をぜんざいと呼びます。

 

一方おしるこは、関東では、汁気を含むあんこのことで、

関西ではこしあんで作られた汁物をおしること呼びます。

 

関東で御前しること呼ばれているものが、関西のおしるこに当たり、

また、関東で田舎しること呼ばれているものが、関西のぜんざいに当たります。

 

関東でのぜんざいは、関西では亀山と呼びます。

なぜ、亀山と呼ぶかという由来は2つの説があり、

丹波の亀山という所で質の良い小豆が取れたからという説と、

岐阜県の亀山さんという人が開いた

亀山屋で出したぜんざいが評判になったからという説です。

スポンサードリンク

ぜんざいとおしるこのカロリー

ぜんざいとおしるこで、カロリーは違ってくるのでしょうか?

実は、ぜんざいの方がおしるこより若干カロリーが低いのです。

 

ぜんざいのカロリーは、切り餅1個入りで373kcal、白玉入りで299kcalです。

一方おしるこのカロリーは、切り餅1個入りで404kcal、白玉入りで330kcalです。

当然甘めに作ってあれば、それだけカロリーも高くなるので要注意です。

 

甘いぜんざいやおしるこじゃないと物足りないという人は、

切り餅を除いてみてはいかがでしょうか

 

切り餅1個で117kcal、切り餅2個なら235kcalで、

ご飯1杯分のカロリーと同じになります。

切り餅を失くすだけで、かなりカロリーダウンになります。

 

切り餅の代わりに、白玉を入れるという方法もあります。

白玉は1個で31kcalと、切り餅に比べてかなりカロリーダウンします。

ダイエット中の人は、白玉に切り替えてみて下さい。

https://ameblo.jp/umamikaori/entry-11196262212.html

https://ameblo.jp/umamikaori/entry-11196262212.html

低カロリーぜんざいやおしるこの簡単な作り方

切り餅を減らしたり、白玉を代わりに使うのも良い方法ですが、

それ以外の方法でカロリーダウンできないでしょうか?

 

まず試してみて欲しいのが、市販のあずき缶でおしるこを食べるです。

井村屋の粒入りおしるこは196kcalで、

アサヒの缶入りおしるこは、なんと90kcalです。

市販のあずき缶は意外にカロリーが低いので、狙い目です。

 

フリーズドライおしるこもおすすめです。

井村屋のカップのおしるこは153kcalで、缶入りのおしるこより43kcal低いです。

フリーズドライはお湯を注ぐだけで完成なので、手間もかからず便利です。

 

もっともっとカロリーを減らしたいという人は、

パルスイートを使っておしるこを作って下さい。

パルスイートとは、カロリーゼロの人工甘味料です。

 

砂糖の1/3の量で、砂糖と同じ甘さになります。

少ない量でもしっかりと甘みを感じられるのでおすすめです。

パルスイートを使う事によって、かなりのカロリーダウンになることでしょう。

ぜんざいとおしるこの違い?低カロリーおしるこの簡単な作り方!のまとめ

関東と関西で呼び方が違うなんてびっくりですね。

甘くておいしいおしるこですが、カロリーダウンの方法を使って

無理せずダイエットできるといいですね。

-~の違い