違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

ざるそば、もりそば、せいろそばの違いとは?味は違う?

http://nadeshikonoyu.com/news/819

http://nadeshikonoyu.com/news/819

麺とつゆが別々のそばには、

ざるそば、もりそば、せいろそばなどがあります。

見た目はほとんど同じに見えますよね。

 

お店でそばを食べようと思っても、

どれがどう違うのか悩む人も多いのでは?

今回は、これらの違いを解説していきます。

スポンサードリンク

ざるそば、もりそば、せいろそばの違いとは?

これら3つの最も大きな違いは、器です。

麺が盛り付けられている器によって、

呼び方が変わります。

 

「ざるそば」は竹ざるに盛ったそばです。

「ざる」とは竹で作られたざるを意味しており、

麺とつゆが別べつで、つゆにつけて食べます。

多くの場合、麺に刻み海苔がかかっており、

のりがかかっているものをざるそばと呼ぶ店が多いです。

 

「もりそば」は皿・椀・せいろなどに盛ったそばです。

これも麺とつゆが別べつです。

 

「せいろそば」はせいろに盛られたそばです。

「せいろ」とは竹や木を編んで作った、

蒸し料理用の調理器具のこと。

中華などで使用されることの多い。

このせいろをすのこで底上げし、

そこにそばが盛り付けられます。

 

いずれも麺とつゆが別べつで、

つゆにつけて食べます。

現在の「もりそば」と「ざるそば」と「せいろそば」の違いは、

盛り付ける器の違いと、

刻み海苔があるか無いかだけです。

スポンサードリンク

なぜ器が違うだけで別の名前になったのか?

麺やつゆに大きな特徴があるわけではなく、

盛り付ける器が違います。

「じゃあ盛りそばで統一すれば良いんじゃないの?」

と思いますよね。

その方が作る方も注文する方も楽ですし。

 

なぜ器が違うだけで別の名前になったのかは、

それぞれのそばの歴史を見ると分かります。

 

まず、これら3つの中で最初に生まれたのが、

「盛りそば」です。

江戸時代に店で出されるそばは、

麺とつゆが別々の「そば切り」が一般的でした。

 

江戸中期になると、初めから麺につゆをかけて出す、

「ぶっかけ」が流行りました。別名かけそばです。

手早くすぐに食べられ、器も1つという手軽さが、

せっかちな江戸っこにウケたのでしょうね。

 

しかし「やっぱりそばは、つゆにつけて食べるのが粋だ!」

という人も居たようです。

そこでお店側も「ぶっかけ」だけでなく、

それまでの蕎麦を出し続ける事にしました。

名前もぶっかけと区別して、「盛りそば」と改めます。

 

これがもりそばの始まりです。

このもりそばに使う器は特に決まっておらず、

皿やお椀に盛られていたそうです。

 

次に「ざるそば」ですが、

これはある店が考案したオリジナルメニューが起源です。

江戸時代、深川洲崎(現在の江東区木場の洲崎神社)に、

伊勢屋という蕎麦屋がありました。

すでにもりそばが流行していましたが、

伊勢屋は他の蕎麦屋と違う雰囲気を演出するため、

他店では使われていなかった新しい名前を考えます。

それが「ざるそば」です。

 

盛り付ける器を竹ざるに統一してお店に出したところ、

これが大好評

評判となったため、

他の店でもざるそばが出されるようになったそうです。

 

最後に「せいろそば」ですが、

こちらは少し複雑です。

そばをせいろに盛り付けるという試みは、

江戸初期にはすでに存在していました。

 

これは「蒸しそば」と呼ばれるもので

そばの麺をせいろで蒸し

蒸しあがった温かい状態で客に出されていました。

 

現在の「せいろそば」は、

江戸末期の天保時代に生まれたものです。

当時、蕎麦屋が幕府に値上げの許可を求めます。

 

この値上げ要求は却下されましたが、

代わりにある工夫が認められました

それは器を底上げして量を減らすことです。

 

せいろの底は板ではなく、

木や竹を使った網状になっています。

なのでせいろの下に何かを敷けば、

底が浮き上がります。

そこにそばを盛れば、そばが少な目の量でも多く見えます。

 

こうしてせいろをすのこで底上げし、

それに盛ったそばが出されるようになりました。

これが「盛りせいろ」と呼ばれ、

現在の「せいろそば」へと繋がります。

 

そばといえば茹でるものとしか思いませんでしたが、

蒸す方法もあったというのは驚きですね。

http://cymbgutti.exblog.jp/7960463/

http://cymbgutti.exblog.jp/7960463/

味の違いはある?

味の違いですが、

この3つの味に大きな違いはないようです。

 

現在では刻み海苔の有無や、器の違いによって、

名前が使い分けられている事が多いです。

 

昔はざるそばと盛りそばで味や香りが違いました。

当時はざるそばに高価なそば粉を使い、

もりそば用には安い粉がつかわれていました。

なのでざるそばの方がよい香りだったようです。

 

つゆも、ざるそば用には鰹本節出汁やみりんを使い、

コクのあるつゆが使われていたそうです。

 

現在では「もりそば」も「ざるそば」も、

同じつゆを使っている店が多いです。

老舗のお蕎麦屋さんなら、

つゆをキッチリ使い分けている場合もあります。

http://www.shimadaya.co.jp/products/business/soba/_seiro/

http://www.shimadaya.co.jp/products/business/soba/_seiro/

ざるそば、もりそば、せいろそばの違いとは?味は違う?のまとめ

ざるそば、もりそば、せいろそばは、

盛り付ける器の違いで呼び分けられます。

昔は麺やつゆの味も違いましたが、

現在は同じお店が多いです。

本格的なそばが食べたくなったら、

古くから続く老舗の蕎麦屋さんに行くと良いでしょう。

-~の違い