違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

「食べ物」の違い

クッキーとビスケットの違いとは?味に違いはある?

2017/12/25

http://swinging-bird.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_cc89_1.html

http://swinging-bird.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_cc89_1.html

1度食べ始められたらとまらないお菓子といえば、

やはりクッキーやビスケットですね。

1枚食べたらもう1枚……と、

ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

そういえば、クッキーとビスケットの違いをご存知ですか?

どちらも似ていますが、

何が違うのでしょう。

 

今回はクッキーとビスケットの違いをまとめていきます。

スポンサードリンク

クッキーとビスケットの違い

クッキーとビスケットの違いは、

含まれている糖分と脂肪分の多さです。

 

クッキーは糖分と脂肪分が、

40%以上含まれており、

手作り風の見た目をもつものです。

 

40%未満のものが「ビスケット」と呼ばれます。

 

クッキーはビスケットよりもやわらかく、

サクッとした食感です。

 

バターと小麦粉以外にも、

ショートニングや卵が使われているので、

甘くてサックリした食感に仕上がります。

 

 

ビスケットはクッキーに比べて硬く、

カリカリした食感です。

油脂や糖分が少なめなのでサッパリしています。

 

日本で買えるビスケットには、

ハードビスケットとソフトビスケットの2種類があります。

歯ごたえのある硬いものがハードビスケット

クッキーに近い柔らかさのものがソフトビスケットです。

スポンサードリンク

クッキーとビスケットの歴史

クッキーとビスケットは、もともとはどちらも

「小麦粉とバターを使った焼き菓子」

を指す言葉です。

実は明確な違いはありませんでした。

 

両者がハッキリ分けられるようになったのは、

1971年のことです。

日本の全国ビスケット協会が、

クッキーとビスケットの基準を定義しました。

 

 

クッキーとビスケットのうち、

最初に日本で広まったのはビスケットです。

 

幕末時代、平戸の町に、

ある南蛮菓子が伝わりました。

その菓子の名前は「ビスカウト」

現在のビスケットです。

 

このビスカウトは軍隊や航海の食料品であり、

水分が少なくて軽くて携帯しやすく

その上に保存が利くという特徴がありました。

 

よって日本へ入ってきたビスケットも、

お菓子というより携帯食として広まりました。

 

 

クッキーはビスケットよりも後の時代、

アメリカの文化が多く入ってきた頃に広まりました。

すでに日本ではビスケットが広まっていた為か、

「クッキーは海外の高級品」と思う人が多かったようです。

 

この状況をみた全国ビスケット協会は、

「客が安いビスケットをクッキーと誤解してしまったら大変だ!」

と危惧し、ビスケットとクッキーの定義を決めました

 

こうして、糖分と脂肪分が40%以上のものを「クッキー」

それ以外を「ビスケット」と呼ぶようになりました。

クッキーとビスケットにはこうした歴史があります。

 

現在、クッキーやビスケットを製造している菓子メーカーは、

ほとんどが全国ビスケット協会に加盟しています。

なのでこの定義はほぼ全ての菓子には当てはまります。

 

個人で経営している洋菓子店などは、

協会に加盟していない場合も多いです。

よってそういった店で売られているものには、

クッキーやビスケットの定義が当てはまりません。

instagram.com(@abusachi)

instagram.com(@abusachi)

海外でのクッキーとビスケットは違う?

ビスケットとクッキーの呼び方は、

国によって異なります。

 

アメリカではクッキーとビスケットを区別しません。

そもそも日本で食べられるクッキーやビスケットは、

アメリカではどちらも「クッキー」と呼んでいます。

 

アメリカで「ビスケット」といった場合、

柔らかい菓子パンのことを指します。

スコーンのようなお菓子が、アメリカでは「ビスケット」です。

 

 

お茶菓子が美味しいことで知られるイギリスでは、

「クッキー」という言葉自体がありません。

すべて「ビスケット」で統一されています。

 

フランスでは「ビスキュイ」と呼ばれており、

クラッカーや乾パン、サブレーもビスケットの1種です。

 

 

また、縄文時代の日本では、

「縄文クッキー」というものがあったとされています。

粉状にした栗の実を固めて焼き上げるものです。

 

もちろん現代のクッキーとは全く別物ですし、

バターなどが使われていないので、

私たちが食べてもあまり美味しくないかもしれません。

https://matome.naver.jp/odai/2139237089193441901/2139238070400612803

https://matome.naver.jp/odai/2139237089193441901/2139238070400612803

↑ 縄文クッキー

クッキーとビスケットの違いとは?味に違いはある?のまとめ

クッキーは糖分・脂肪分が40%以上のもので、

ビスケットはそれ未満のものです。

 

クッキーは柔らかな歯ごたえで、

ビスケットはクッキーよりも固めです。

 

これらの違いに注意して食べると、

より美味しく感じそうですね。

-「食べ物」の違い