違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

不安遺伝子が日本人を世界一心配性にさせていた!

https://seniorguide.jp/article/1078837.html

https://seniorguide.jp/article/1078837.html

 

新進気鋭の脳科学者中野信子さんからお話を伺う機会がありました。

最も興味深い話の1つ

変化を心配し、用心深く、恐れる日本人を支える脳の仕組みについて。

スポンサードリンク

「日本人は1から100まで積み上げるのが得意です。

私は0対1を作るのが苦手です」(中野さん)。

これは脳内の神経伝達物質の1つです

それは精神的な安定と快適さを提供するセロトニンに関連しています。

より正確には、「セロトニントランスポーター遺伝子」と呼ばれています。

分泌されるセロトニンの量を調節するタンパク質(セロトニントランスポーター)

それは、を制御する遺伝子の特性に由来します。

この遺伝子に関する研究論文を見ると、

1996年11月の「サイエンスマガジン」で画期的な発表がありました。

その後、遺伝子と神経質傾向の程度について報告し、

一般向けの記事がたくさんあります。

約3年前のNHKでも

「不安遺伝子」という表現は、国際比較で日本人の特徴を紹介しました。

スポンサードリンク

日本人が心配している脳科学の理由は

神経質になりやすいS遺伝子と呼ばれるセロトニントランスポーター遺伝子を持っている人、

これは世界で最も一般的なことです。

ちなみに、S遺伝子の他にL遺伝子もあります。

人々は両親から一つずつ遺伝子の一つを手に入れます。

つまり、SSタイプ、SLタイプ、LLタイプの3つがあります。

それらの1つに適用されます。

Sは神経質になりやすいので、心配している人を遺伝子形成順に並べると、

①SSタイプ(日本人:68.2%、アメリカ人:18.8%)

②SLタイプ(日本人:30.1%、アメリカ人:48.9%)

③LLタイプ(アメリカ1.7%:32.3%)

そうなる。

日本とアメリカの驚くべき違い。

人種ごとにS遺伝子を持つ人の割合を見ると、

順番は黄色、白、黒です。

日本を含む東アジアの人々は、最も不安な遺伝子を持っています。

それでも、地域平均は約90%ですが、

日本人の98.3%(SSタイプ68.2%、SLタイプ30.1%)が目立っています。

スポンサードリンク

それでは、中野さんの言葉に戻りましょう。

「1から100への構築」...固定パスに沿って改善を続ける管理

働き方などはこちらから。

一方、日本人が苦手な「0対1にする」は…

それは、まったく新しい価値を生み出す管理と働き方です。

そして、不安遺伝子の多い日本人は、改善するのではなく、変化する必要があります。

歴史の転換点で不利ですか?

放っておくとデメリットだと思います。

しかし、あなたがあなたの特徴を理解し、それらによって引き起こされた感情に気付く能力を発達させるならば、

不利になるとは思いません。

すべての価値観は錆びており、管理方法と作業方法にひびが入っています。

「変化」について話している間、未開発の土地と行き止まりの崖で

きしむような音で胸を引き締めるプレッシャーを感じます。

より速い脈拍、みぞおちのざわめく感覚。

高解像度レンズでしっかりと捉えると、

すべてが無常であることがわかります。

それは「自分」ではなく、ただの通過現象です。

おそらく多くの日本企業や日本人のマインドフルネスは

それは西洋人のそれとは完全に異なる文脈から必要とされるかもしれません。

そのような考えは私に生まれます。

スポンサードリンク

攻撃的な急いでいる過程での鎮静剤としてのマインドフルネス。

動かないことへの恐れや不安を優しく受け入れるマインドフルネス。

対照的な出発点から1つの見えない目標に向かって。

2013108680593

不安遺伝子が私たちの心にもたらす働きを優しく受け入れましょう。

次に、静かにそして穏やかにあなたの心のざわめきを観察してください。

それがあなたがしなければならないすべてです。

当時、日本人で眠っているエルドラドの金

再び輝き始めるかもしれません。

-雑学