違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

コロンブス、バスコダガマ、マゼラン。世界一周したのは誰?

https://biz.trans-suite.jp/25747

https://biz.trans-suite.jp/25747

言うまでもなく、3人の功績を改めて表明したいと思いますが、念のために見ていきましょう。

スポンサードリンク

*コロンバス:イタリア語
彼はポルトガルへの援助を申請したが、拒否され、スペインの援助を受けて、彼はインドのルートを発見しようと試みた。 1492年に南北アメリカを発見しました。
* Vasco da Gama:ポルトガル語
ポルトガル王の命令で、1498年に、彼はアフリカの喜望峰の周りのインドのルートを発見しました。
*マゼラン:ポルトガル語
スペインの助けを借りて、西行きのインドのルートを発見するには、南アメリカを回って太平洋に行き、世界一周を達成してください。

コロンブスが「アメリカ大陸」を「発見」せず、マゼランが世界一周旅行を達成したことは世界史上常識ですが、この話とは関係ないので、悪い言い方をすれば、文部科学省の公式教科書に最大限の敬意を表し、両当事者の業績となるよう努めます。
<万が一の場合の補足情報...>
コロンブスは、彼が発見した土地が新世界であるとは夢にも思わず、それがインドであると信じていました。したがって、原住民は「インディアン」の意味で「インディアン」と呼ばれていました。さらに、そもそも先住民族がいる限り、「発見」という概念は成り立たない。
マゼランは1521年にフィリピンで世界一周の途中で亡くなり、1522年に日本に帰国したのは部下のエルカノらだったので、この栄誉を授けるべきです。 .. ... 1521年に亡くなったマゼランが1522年に世界一周旅行を達成したことを教えた世界史の授業...それはばかげていると思います...
しかし、マゼランが若い頃にインドに来たという事実を引用して、マゼランを「地球上のすべての子午線を横断した史上初の人物」として擁護したという説がありますが、マゼラン自身がその時。それを知らなかった、そしてそれが肯定されたとしたら、世界一周の開始年と終了年はマゼランの誕生と死の年を採用しなければならないだろう。

スポンサードリンク

まあ、どちらでも構いません...

まず、3人の国籍と支援を行った国に注目してください。
*コロンバス:国籍イタリア、ドナースペイン(当初はポルトガルによって拒否されました)
* Vasco da Gama:国籍ポルトガル、ドナーポルトガル
*マゼラン:ポルトガル国籍、スペインドナー

自国の王様に助けを求めるのは当然ですが、冒険家にとっては、助けてもらえれば良かったと思います。ヴァスコ・ダ・ガマは自国から命令を受けました。これは、彼の国籍と彼を支援した国との一致と見なされるべきです。他の国が彼に有利な条件を最初に示した場合は、そこに行ってください。何がはためいたのか想像するのは簡単です。
また、各国については、自国の利益のためであれば、国籍は問いません。特にスペインは、敵国となるべきポルトガルのマゼランを採用しているため、節度はありませんでした。もあります。

要約すると、世界を小さくした3つの偉業のために、次のスキームが作成されます。
「ポルトガルはコロンブスの申し出を断り、彼をあきらめてスペインに追い抜かれた。せっかちなポルトガルはバスコ・ダ・ガマを使ってスペインに追いついた。追い抜かれたスペインはふりをすることができる。彼は敵のポルトガル人であるマゼランを任命することで覇権を取り戻した。 「」
ですから、ポルトガルかスペインかは関係ありませんが、とにかく、これはインドへの道を開き、新しい大陸を発見するというボーナスで、ヨーロッパ諸国は海でアジアに進み、日本の歴史に行きます。 1543年に種子島に銃が導入され、1549年にキリスト教が導入されました。

教科書ならここで終わり、学生はこの事実を覚えて試験を受けます。
しかし、それは面白くないので、大航海時代の幕を開けた科学の発展を紹介したいと思います。

※13世紀前半頃のヨーロッパでは、コンパスが揺れる船に使用できるように改良され、航海が容易になりました。
* 1474年、天文学者のトスカネッリは地球の球の理論を提唱しました。 ...しかし、球体説自体は紀元前から存在していましたが、科学的な証拠はほとんどありませんでした。

スポンサードリンク

それまでは、ローマ帝国に代表されるように、地中海が主な航海であり、大西洋は、陸を見ることができる沿岸地域を除いて、漕ぐつもりで安全に戻るという保証はありません。海への船。しかし、コンパスの改良と天文の発達(天文観測)の組み合わせにより、目印のない広大な海に進んでも、正確に元の港に戻ることができます。
これで、船を未知の海域に進めるための基礎が完成しました。

そして、ここからが主なテーマです。

事実を覚えて試験を受けただけなので気づかなかったのですが、もう少し歴史を勉強する時間があり、独立した事実を有機的に結びつけることができれば、次の質問をするべきでした。

そもそも、なぜヨーロッパ諸国は、使用していたシルクロードの土地をあきらめて、新しい「海路」を模索したのでしょうか。

それは単なる冒険ではありません。冒険には莫大な金額と人的損失がかかり、「投資」に見合った「利益」が期待できない限り、各国はお金を捨てることを真似することはありません。実際、ポルトガルはかつてコロンブスの申し出を断ったことがあります。
したがって、大航海時代の設定の準備ができていても、空腹でなければ、設定に食い込む必要はありません。一方で、シルクロードでは「節度なし」のようなものにあなたを噛むのに十分ではないという正当な理由があるに違いありません。

以下の事実が理由に関連しています。
* 1299年、オスマン帝国(私の年齢の人はオスマントルコ帝国を覚えています)はその権力を拡大し、今日トルコ周辺の地域を支配し、シルクロードによる東西貿易の通過点として繁栄しました。

テストのおかげで、この事実を思い出し、あまり考えませんでしたが、鍵は「東西貿易の中継点」でした。

オスマン帝国の台頭は、インドや中国と貿易を行うヨーロッパ諸国にとって深刻な問題となるでしょう。つまり、オスマン帝国はシルクロードの真ん中にあります。
そしてオスマン帝国は領土を通過した人々に多額の税金を課しました。
一方、オスマン帝国を迂回するためには、黒海とカスピ海も迂回する必要があり、ロシアの領土に入ると、迂回路と冬の極寒のために多くのお金を失うことになります。軍団は一掃されます。
したがって、キャラバンの損失を防ぐために、オスマン帝国の税金だけでなく、海路も必要でした。さらに、船を使用すると、ラクダに陸路で運ぶよりもはるかに多くの貨物を運ぶことができ、もちろん、利益は比例して大きくなります。
実際、ポルトガル(ヴァスコ・ダ・ガマ)は莫大な利益を上げ、当時ヨーロッパで最も強力な国になりました。

歴史上大きな発見の動機が「脱税」だとは想像もしていませんでした。
でも人間の匂いは大丈夫です。

スポンサードリンク

それでも、独立した事件だと思っていたコロンブス、ヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン、オスマン帝国はこのようにつながり、社会学の歴史ではなく科学の歴史であるコンパスとトスカネッリでさえ、ここに接続されています。私が来たとき、歴史は包括的な科学であることに改めて気づきました。

私が学生の時にこの事実を学んだならば、私の社会科の成績は少し良かったかもしれませんが、歴史は「もし」を許しません。残念ながら。

-雑学