違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

ローラースケートの昔はガチャガチャうるさい!やっぱり光GENJIで空前のブーム!

https://aucview.aucfan.com/yahoo/w82507706/

https://aucview.aucfan.com/yahoo/w82507706/

このプロジェクトは、かつて人気があったノスタルジックなスポーツと遊びに焦点を当てています。今回は、1980年代後半に大ブームを巻き起こした「ローラースケート」についてお話します。昭和時代のアイドルによる前例のないヒットの歴史とインラインスケートへの移行を探りましょう。

スポンサードリンク

始まりはアメリカの「ローラーダービー」でした

ローラースケートの歴史をたどると、その起源は18世紀初頭のイギリスにまでさかのぼります。ローラースケートは1877年頃に日本に紹介されました(明治10)。その後、大正時代から昭和初期にかけて全国にスケートリンクがオープンし、人気スポーツとして発展しました。

それから約半世紀。 1970年代に、最初のローラースケートブームが起こりました。そのきっかけは、1972年から東京チャンネル12(現在はテレビ東京)で放送されていた「日米野党ローラーゲーム」。

ローラーダービーは、米国で生まれた男女混合のチームスポーツであり、強い娯楽性を備えています。プログラム「ヒット!!キック!!クラッシュ!!人気のスポーツローラーダービー」のワイルドキャッチとプロレスの力で高い視聴率を獲得。当時、ローラーダービーの人気を支えた日本のプロローラーダービーチーム「東京爆撃機」はアイドルと同じくらい人気があった。

この頃子供たちが遊んだローラースケートの主流は、ベルト付きの靴に四輪タイヤのローラースケートを履くことで、鉄のボディはかなり重かったです!また、ガタガタという音がし、サイズ調整ネジがすぐに緩むので、今考えてみるとかなり貧弱です。

しかし1976年、ブームが徐々に鈍化したため、視聴率が低下したため番組は中止され、東京大空襲も解散した。全国で沸騰したローラースケートブームのライトが消えます。

スポンサードリンク

あのアイドルの登場で、今までにないローラースケートブームがやってきた!

最初のブームが過ぎた後、1970年代の終わりから1980年代の初めにかけて、ローラーディスコブームの波が再び米国から日本にやってくるでしょう。しかし、このブームはあまり興奮せずに過ぎ去り、子供たちのブームにはなっていないようです。この頃の子供たちは、ローラースケートよりもルービックキューブ、ゲーム、時計に興味を持っていたのかもしれません。

そんなローラースケートですが、1987年に再び脚光を浴びる歴史的な瞬間を迎えます。ローラースケートの代名詞となった光源氏の登場です。ローラースケートを履き、軽く歌ったり踊ったりしながら、全国の女の子や子供たちの心を瞬時に駆け抜け、ローラースケートの第3弾ブームを巻き起こしました。

このブームは、女の子に人気を博したいと思っていた男の子を巻き込み、史上最大のブームになりました。この時期に子供たちがブームから手に入れたローラースケートは、以前のものとは異なり、かっこいい靴型のスケートがあったようです。でも結局のところ、主流は靴に取り付けるタイプでした。ただ、初めてから色がポップになり、軽量化されたようです。

光源氏とローラースケートのイメージが鮮やかで、この世代のために光源氏=ローラースケートとして記憶に刻まれました。センセーショナルな第3波は、光源氏が1995年に解散し、終焉を迎えます。この終焉後、各地のローラースケート場が次々と閉鎖され、2002年には老舗のローラースケート場が閉鎖されました。

ローラースケートの代わりにインラインスケートが人気です

3回目のブームが終わった後、ローラースケートの代わりにインラインスケートが子供たちの間で主流になりました。ローラースケートブームを経験した世代の中には、子供たちのためにインラインスケートを購入した人もいるかもしれません。

アメリカのローラーブレード会社は有名で、インラインスケートはローラーブレードとも呼ばれます。スニーカーのソールにローラーを付けたヒーリーズも人気を博している。子供たちはいつも「滑る」おもちゃが大好きでした。

スポンサードリンク

ローラースケートの再破壊の兆候!?

ローラースケートは人々の記憶から完全に消えたように見えましたが、再破壊の兆候があります。 10代の若者に人気のスポーツアミューズメント施設にローラースケートリンクが登場し、2011年に東京ドームシティに「東京ドームローラースケートアリーナ」がリニューアルオープンし、近年認知度が高まっています。します。

また、ローラースケートが大好きな光源氏のジュニアアイドルも登場し、テレビで見ているとちょっと時間がずれた気がしました!

▲「東京ドームローラースケートアリーナ」が日本最大級の屋内ローラースケートリンクとしてリニューアルオープン

▲インストラクターは常駐しており、初心者や各種学校、イベント向けの無料レッスンを行っています。お子さんと一緒にもう一度お試しください。

ローラースケートは全身の筋肉を使った有酸素運動で、ジョギングよりも膝に負担がかからず、体にやさしいスポーツと言われています。日没まで遊んだときの子供時代を思い出しながら、風を切って滑る爽快なローラースケートにもう一度挑戦するのもいいかもしれません。

-雑学