違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

「文化」の違い

川柳と俳句の違いとは?ポイントは季語とテーマ!

2017/12/27

https://twitter.com/kyabasenryu

https://twitter.com/kyabasenryu

学校の授業で俳句を作ったとき、

「これじゃ俳句じゃなくて川柳だよ(笑)」

といわれた人はいませんか?

 

川柳も俳句も、同じ5・7・5のリズムで、

文章を作ります。

この2つの違いはどこにあるのでしょう?

スポンサードリンク

川柳と俳句の違いとは?

俳句のテーマは「自然」が中心です。

自然の情緒を文章で表すのが俳句です。

 

一方の川柳は、「人」を対象とします。

人間模様を描いたり、

社会風刺的な句を読むなど、

人間の営みが川柳のテーマです。

 

どちらも例外はありますが、

ほとんどの句は上記の内容です。

 

川柳と俳句には、それぞれ型といいますか、

様式があります。

俳句には「季語」が必要です。

季語とは特定の季節をイメージさせる単語であり、

たとえば春の俳句なら、

「桜」や「椿」といった春の花、

「春菊」などの春の食べ物、

「雪解け」なども春の季語です。

夏なら「ヒマワリ」や「鮎」です。

 

俳句のテーマは自然なので、

こういった季語が必要ですが、

川柳では季語がなくても構いません

人の営みは季節に関係ない場合が多いからでしょうね。

 

また、俳句は、「文語」表現ですが、

川柳は「口語」表現が普通です。

俳句は古文に代表されるような、

「~や」、「~かな」、「~けり」といった言い回しをするので、

文学的な響きです。

これを「切れ字」といいます。

 

一方の川柳は日常会話で使われるような、

くだけた言い回しが特徴です。

切れ字も重要視されず、

使いたい人が使うといった具合です。

 

ほかにも、俳句を作ることを「詠む」といいますが、

川柳は詠むではなく「吐く」「ものす」といいます。

スポンサードリンク

川柳と俳句は、「俳諧連歌」から生まれた!

俳句も川柳も、同じ「俳諧連歌」から生まれました。

俳諧連歌とは複数の人が集まって、

短歌の上の句(5・7・5)と、

下の句(7・7)を数人で交互に詠み続けるというものです。

 

通常は一人で考える俳句ですが、

上の句と下の句を別々の人が考えるのが、

俳諧連歌です。

 

イメージとしては、大喜利で出されたお題に

次々と自分で考えた返しを言っていくようなものです。

 

 

連歌は昔の人のゲーム(遊戯)であり、

1つの句を別人が考えることによって、

思いがけない名句が生まれる事があります。

発想力が鍛えられるので、

現代の脳トレに近い効果もあったのでしょう。

 

鎌倉時代から江戸時代にかけて連歌が流行し、

有名な娯楽となります。

 

そしていつしか、

連歌の発句である「5・7・5」の部分だけで、

句を作ることが流行りました。

これが後の俳句です。

 

連歌の発句には「季語を入れる」

「切れ字で書く(当時の一般形式)」という、

2つのルールがありました。

このルールがそのまま俳句に受け継がれたので、

川柳にはない特徴となりました。

 

一方の川柳は、俳諧の「平句」が独立し、

文芸に発展したものです。

発句ではないので季語などの約束事がなく、

テーマも人情や人の営み、社会風俗などと幅広いです。

http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1360/

http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1360/

川柳も俳句も深い歴史を持つ!

川柳と俳句に対して、

「俳句は昔からあり、川柳は最近のもの」

というイメージを持つ人がいます。

 

しかし歴史的に見ればどちらも古く、

誕生したのもほとんど同時期です。

どちらも連歌が起源であり、

武士の嗜みとして深い歴史があります。

 

連歌といえば、明智光秀の逸話が有名です。

 

本能寺の変が起こる少し前、

複数の武将たちが集まって連歌を行いました。

そこで

明智光秀が詠んだ、

「ときは今天が下しる五月哉」

という句が有名です。

一説によると、この句を詠んだ光秀は、

すでに謀反を起こす決意が固まっており、

その決意を込めて上記の句を詠んだとされています。

 

「時」は「土岐」という意味。

土岐とは明智光秀の出身一族の名前です。

 

「雨が下しる」は「天が下知る」の読み替えであり、

「天下」を示しています。

 

つまりこの句の本当の意味は、

「土岐氏の出である光秀が、

天下に名を上げる」となり、

織田信長を裏切る事を読み取れます。

 

これは複数ある説の1つですが、

明智光秀は文武に優れた智将として有名です。

誰にも明かせない決意を、

発句として表す……というのも

ありえない話ではなさそうです。

https://twitter.com/akechi1582

https://twitter.com/akechi1582

川柳と俳句の違いとは?ポイントは季語とテーマ!まとめ

川柳と俳句は、どちらも俳諧連歌から誕生し、

それぞれ独自に発達した文芸です。

 

俳句は自然をテーマにし、

季語や切れ字などのルールがあります。

川柳は人の営みをテーマにし、

俳句のようなルールがありません。

 

 

こうした違いが分かれば、

句を読んだだけで川柳か俳句か分かるようになります。

-「文化」の違い